2008年02月07日

東京は夜の七時

高校からのともだちと東京駅で会う。
そのともだちは、京都で働いている。
オーダーメイドのシャツ屋さんで働いている。
そのシャツ屋さんは、全国にいっぱいファンがいるけれど、
京都に一店舗しかお店がない。
でもたまに、今回のように、東京で期間限定のお店を開く。
今回は、8日から11日まで4日間だけのシャツ屋さん。
そのために京都からやってきたともだちは、
今日の夜7時に新幹線で東京駅にやってきた。

彼女とは高校からのおつきあい。
なぜか不思議な縁があって、
東京にいるときにメールをしてみると、偶然東京にいたりする。
私がまだ東京に住む前のこと。
彼女との再会はいつもそんな具合だ。

仕事のあと待ち合わせた東京駅で、
一等最初に目に入った喫茶店「ルノアール」で向かい合って珈琲を飲む。
おなかがすいたので安いカレーを並んで食べる。
私が好奇心に負けて頼んだ麻婆カレーの最後を
平らげてもらう。

なんとなしに時間は過ぎる。
タイムリミット付きの再会は
いつもこんな具合に過ぎる。
近くに住んでいたらどんなにいいだろうと思うけど、
そう思って何年も過ぎた。


モリカゲシャツ東京2008
モリカゲシャツ京都

モリカゲシャツのひみつ。◆(ほぼ日より)
posted by fukkura3 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

血が足りない。

仕事の用事で東京に来ていた母を送ったあとの有楽町、
街頭で献血お願いしますの呼びかけ。
この時期は特にAB型が足りないですといわれたら、
AB型としてはそのまま通り過ぎることもできず
2年ぶりくらいに献血センターに足を踏み入れる。
血の濃さが足らずにあえなく却下。
400ccお願いしますと言っていた受付のおじさんに、
次またチャレンジしてくださいねと励まされる。
本末転倒だ。



posted by fukkura3 at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。