2008年12月14日

じゅんこさん

じゅんこさんは去ってしまった。
じゅんこさんは踊る人なので、
踊るために上海とハワイに旅立った。
旅立つ前、初めてじゅんこさんの踊りを見た。
じゅんこさんがたまに一緒に踊りの練習をしている人たちと
練習場所に使っている生涯学習センターの発表会に参加したときのこと。
即興の音に合わせての20分程度の即興だった。
皆好き好きに踊っている中、
じゅんこさんの周りにだけ異空間がぽっかりあいていた。
じゅんこさんは、何かが憑衣したかのような顔をしていて、
私はその顔を見てぞくっとした。
たまにうっすら浮かぶ笑みには阿修羅のような色気と怖さがあり、
まわりに踊る人たちを完全に食っていた。
踊ることが生きること、
じゅんこさんを見てそう思った。
posted by fukkura3 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111180609

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。