2008年03月27日

おかえりの後。

おうちで一荒れしたあと突如姿を消したルームメイトが
昨日帰ってきた。

朝少し話しをすると、
なんでもお父さんの画廊を荒らしていたところ警察が来て、
そのまま一ケ月病院に入れられていたらしい。
病院にいたと聞いてほっとするあたりが、なんだか妙な気分だ。

朝いそいそと準備をする私ともう一人を見て、
なんだかみんな普通に生活送ってるんだね、と、遠い目。
みんな普通の家族で、普通だ、私の家族おかしい、と。

目に見える不幸のカタチが不幸なわけじゃないし、
目に見える不幸でないカタチが不幸でないわけでもないと思うのだけど、
そんなことは言えるはずもない。
自分がしがみつく不幸のカタチから早く開放されるといいなと思いつつ、
何ができるでもない単なるルームメイトは、
単なるルームメイトとして日々を過ごすのみ。

posted by fukkura3 at 21:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんとなく、韻を踏んでいて、「ふ」と、この詩を思い出しました。
ウチも激動の日々を送っていて、ゆっくり本も読めませぬ。


-星とたんぽぽ-

     青いお空のそこふかく、
     海のこいしのそのように、
     夜がくるまでしずんでる、
     昼のお星はめにみえぬ。
     見えぬけれどもあるんだよ。
     見えぬものでもあるんだよ。

     ちってすがれたたんぽぽの、
     かわらのすきに、だァまって、
     春のくるまでかくれてる、
     つよいその根はめにみえぬ。
     見えぬけれどもあるんだよ。
     見えぬものでもあるんだよ。 

 
                 金子みすず
Posted by Mesosiderite at 2008年04月11日 02:38
レイコちゃん、頑張ってるねー。

私は彼氏がおそろしい潔癖症なだけで
時折すべてを投げ出したくなります(笑)

レイコちゃんのような忍耐強さがあれば、、、
Posted by ラスカル at 2008年04月20日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。